開運言魂文字と紫水について

トップページ開運言魂文字と紫水について
以下の中からご覧になりたい項目をクリックなさってください。

■幸せを呼ぶ☆開運言魂(ことたま)文字&アートとは?
 
 

日本は【言霊の幸ふ国】すなわち"言葉の霊力が幸福をもたらす国"と
いわれていました。(万葉集)

言霊とは、古代日本では、

言葉に宿っていると信じられていた不思議な力のことで、
発した言葉どおりの結果を現す力があるとされていました

その言霊のパワーを、古代にあったと言われている文字から
インスピレーションを得て形にした形霊(かただま)を言魂文字とし、

そして、
その文字からアート作品にしたものを多くの方が開運されるため
『開運言魂アート』と称しております。

神代文字に代表される古代の文字は漢字伝来以前から日本に存在し、

一文字一文字に大変なパワーがあり、
天と人間を繋ぐ役割をしていたと言われています。

よって、天のパワーと繋がるツールであると考えております。

 

また、多くの方が開運される理由を考えました所、

言霊のパワーを古代の文字にて形霊にした
開運言魂アートをご覧頂くことで、

読めないので左脳が働かずに(心のブロックが働かず)
ダイレクトにその言霊と古代の文字のエネルギーが
潜在意識に到達し、望む現実が生み出しやすくなる

考えております。


古代の文字の存在については、その真偽について様々な説があります 。

ただ、現に伊勢神宮には藤原鎌足や稗田阿礼、菅原道真、平将門、源義経、
木曽義仲、後醍醐天皇といった歴史上の人物の奉納文(写し)が
現存しているらしいのと(ご参照「伊勢神宮の古代文字」より(日本的霊性様))

私が初めて古代の文字を体験させて頂いた時の実感から、
それらの古代の文字は本当にあったと確信しているのです。

■紫水の古代文字体験記

最初に古代の文字を書かかせて頂いた時の体験が凄まじかったです。

初めて書くのに、何故か懐かしいような感じがしました。

書いていると頭上からとてつもないパワーが降ってくるのを感じました。
そして、、、このようなビジョンが見えてきました。。。

私は常に頭上に霞のような膜がかかり意識が半眠状態になっていました。

しかし、古代の文字を書き始めるとその霞が消えはじめて
天からとてつもない眩い光が降りて来て意識が覚醒し、
本来の自分に目覚めました。

それは静かで清らかで神々しい輝きを放つ魂の存在でした。

しかし、それは私だけではありませんでした。

日本中がそのように意識の上に膜がかかって、
自分自身の本来の氣高く輝かしい魂に氣付かず半眠状態で存在していたのでした。。。

そして、日本だけでなく、地球全体に膜がかかってしまって居るではないですか!

なんと勿体ないことでしょう!

日本人を始め、世界の民族は皆、美しく清らかで
氣高い思想と魂と精神を持っているというのに、
その自覚もなく、半分眠った状態で流れるように生きているとは!

完全に目覚めたら、
皆が自分の才能を完全に活かし、互いを認め尊重し合い

美しく清らかで氣高い精神で素晴らしい世の中を創り上げ、
全ての人が幸せに生きられる世の中になるのではないか、

それは、世界中に、全人類に言えることなのではないのか、

そう思えてならず、 以来、私は
開運言魂アートやセッションやワークショップなどを通じて、

日本の多くの人々のみならず、後々は世界の人々に
ご自分の魂の持つ本来の素晴らしさ、輝かしさに氣付いて頂けるよう、

活動を続けております。

■ミッションと言魂文字による活動のコンセプト

<ミッション>

"全ての人は生まれながらに素晴らしく全ての人の魂は美しい。

全ての人が何かしら才能を持ちそれを世の為に活かし
幸せになる為に生まれてきている。

もともと人間は完璧で"愛"の状態、存在であるので
そのことを思い出すため、元の愛の姿に戻る為に生まれてきている。

自分の得意なアートやセッションを通してその事を伝え、
世界に作品を広める事で和のエネルギーを伝え、

全ての人が本来の自分に目覚め、才能を活かし幸せになれば、
奪い合う事無く、分かち合う、活かし合う世界になるだろう
"

との想いで活動させて頂いております。

<活動とコンセプト>

【開運言魂アート】

この世は波動でできているといわれています 。

言霊のもつパワーを神秘の力があると言われる古代の文字で形霊(かただま)とし、

ご自分が望む状態を生み出す言魂アートを開運グッズにして身近におく事で、
その言魂の波動が広がり、望む現実を生み出しやすくなる事をコンセプトに制作しております。

 

 

開運言魂アート「愛感謝」開運言魂アート「奇跡を呼ぶ4つの言魂」

※開運言魂アートを開運グッズ→『開運言魂アートグッズ』詳細へ

※ご感想

 

 

【スピリットアート】

人は生まれて来る時にお名前を選んでくると言われています。
よってお名前は魂の波動を表し、使命の情報を持っていると解釈しています。

もともと人の本質的な美しさを感じ取れる紫水が古代の神秘のパワー溢れる文字から
インスピレーションを得てお名前を書かせて頂くことにより、

ご自身の魂の美しさ、素晴らしさを常に実感して頂き、
生まれてくる時に決めて来た使命を意識し続けて頂き

常にそれを側に置き、見続ける事で本来のパワーを感じ、
常に発揮して、幸せに使命を活きて頂く事をコンセプトに制作しております。

実際に多くの方がご私人の本質に目覚め使命を幸せに生きていらっしゃいます。

 

スピリットアートとご感想→『スピリットアートとご感想

スピリットアート

※今まで書かせて頂いたスピリットアートの一部

 
 

 

【開運言魂セッション】

紫水のもともと人の本質的な美しさを感じ取れる特性を活かし、

お聞きになりたい事を『開運言魂アート』のカードにより方向性を導き出し、
ご自身の本質のエネルギーに最も合った方向性を紫水がエネルギーリーディング致します。

実際に多くの方がご私人の本質に目覚め使命を幸せに生きていらっしゃいます。

開運言魂セッションのご感想

 

 

 

【開運言魂ワークショップ】

 


ワークショップのご感想

 

■紫水について

幼いころから、自然に宿る精霊(神)のような存在を感じており、同時に、

人の本質的な素晴らしさ(最善最良の可能性)を感じる能力があったようです。

そして、

"人間は皆一つの魂から生まれ、意識の奥の方(潜在意識)でみんな繋がっているが
今はその事を忘れている
"

”この世の全ての存在は美しい魂を持って生まれてきている”

”人は皆、自分の中に神が居る。なので、全ての答えは自分で知っている。”

人は幼い頃から家庭、社会やその他大きなものから
特定の考え方を刷り込まれこれらの真実を忘れてしまっている(洗脳

 

と感じておりました。

 

また、幼い頃より書道に親しみ、絵画やイラスト、デザインを得意としてきました。

また日本の文化をこよなく愛し、日本の伝統文化、
特に歌舞伎などを大変好んでおります。

幼稚園のときから花は桔梗、枯山水の庭、庭苔などが大好きで、
小学生の時は図書館で茶室の写真集を眺めてはうっとりするなど、
侘び寂びに目覚めておりました。

すっと自分の天職は何かと追求しており、
その過程でミッションを見つけました、
それは、、、

"全ての人は生まれながらに素晴らしく全ての人の魂は美しい。
全ての人が何かしら才能を持ちそれを世の為に活かし
幸せになる為に生まれてきている。

もともと人間は"愛"の状態、
存在であるので元に戻る為に生まれてきている。

自分の得意なアートを通してその事を伝え
世界に作品を広める事で和のエネルギーを伝え、

全ての人が本来の自分に目覚め、才能を活かし幸せになれば、
奪い合う事無く、分かち合う、活かし合う世界になるだろう
"


というものでした。

それから間もなく、古代の文字に出逢い、
以来、言魂(ことたま)文字の活動を始めました。

また、冒頭でお話し致しましたように、
人の本質的な素晴らしさ(最善最良の可能性)を感じる能力があったので、

セッションのような事は10代の頃から
知らず知らずのうちにやっており、 延べ人数は数えきれないほどです。

夜中に相談で電話がかかってきたりして困った事もありました。

感じ取った本質を本人に伝えると"いつも紫水さんは褒めてくれる"と
仰って下さいますがそれはちょっと違います。

なぜなら私はただその方の本質を感じてお伝えしてるだけなのです。

人の本質は美しく、その方の可能性の最善最良の姿=本来の姿を現しているので、

良く言おうと思わなくても自然と素晴らしい部分を感じてしまうのです。

その、人々の持つ本質的な部分(魂の美しさ、素晴らしさ)を
ご自分で感じて頂きたい、

そして言魂(ことたま)文字がご自分の才能を
この世に活かし幸せに生きてゆかれる一つのお助けになれたらと想い
活動をしております。

言魂(ことたま)文字を書す前、セッションやワークショップ開催の前には
必ず古神道の行による禊を行って、心身、場、道具類全てを清めて
天からのパワーを込めてから行っております。

どうぞ、宜しくお願い致します。



必ず確認下さい

このサイトに関して